読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌いながら考える by 小春日

長年趣味で取り組んでいる「歌う」という行為、聴いた音楽のことなどを中心に書き留めています。

練習のための練習

学生時代、所属していた合唱団の練習は週に3回ありました。

それだけ頻繁に歌っていると、普段の練習での積み重ねだけでもある程度曲が身体に浸透してくるのが実感できたものでした。(そこで満足していてはいけなかったのだと、卒業してから気づいたのですが・・・。)

しかし社会人になってから、仲間に加えていただいた合唱団は(一般合唱団の多くがそうかもしれませんが)練習が週に1回。しかも、諸般の事情で毎回は参加できない、という状況もあり、へたをすると半月~1か月練習に参加できない、ということも起こり得ます。

そうなると、みんなで集まっての練習で歌うだけでは、演奏する曲を自分自身で消化しきれないことも起こってきます。

自分が消化不良、というだけでも問題ですが、一人の不出来は合唱団としての演奏の質を下げてしまいます。少人数の団体ではそれが顕著になってしまいます。

そのためにも、忘れてはならないのが、合唱団の練習に参加するまでの事前準備、つまり練習のための練習です。

ここ数年、それを怠ったがために、個人として満足いく出来でなかった演奏もありました。それを繰り返さないためにも、まずは毎日楽譜をさらうことを怠らないようにしなければ。これを書き終えたらさっそく取りかかります。