読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌いながら考える by 小春日

長年趣味で取り組んでいる「歌う」という行為、聴いた音楽のことなどを中心に書き留めています。

2017年初めての本番

私にとって、そして、Men's Vocal Ensemble "寺漢"にとっての2017年初めての出番がありました。

演奏会かって?

違います。

エリザベト音楽大学 セシリアホールで開かれた、「ボーカルアンサンブルコンテスト in 広島」への出場でした。

我々が歌ってきたのは、中世の作曲家、Dunstapleの作品と、今まだご健在のTormisの作品でした。

これまでの練習の消化状況からは、不安な点がいっぱいありましたが、コンテスト本番では、変にテンションが上がったりせず、普段通りに近い演奏ができたかな、との感触でした。

このコンテストは、出場団体すべてに「優秀賞」「奨励賞」のいずれかが授けられ、「優秀賞」を獲得した団体の中から、更に賞を与えられるものがある、という仕組みになっています。

寺漢が今回受賞したのは、「優秀賞」。昨年のこのコンテストで総合第一位、つまりグランプリを受賞しており、「去年のグランプリ団体が何してるの?」という酷評を得ずに済みました。この時点でまずは一安心しておりました。

驚いたのは、次のステップでの優秀団体の発表でした。

寺漢は、なんと昨年に引き続きグランプリを獲得することができました。

f:id:katopon-amicidelcanto:20170115221438j:plain

 

表彰式では、若いメンバーに壇上にあがってもらいました。

 

「え、この出来でグランプリ?」と耳を疑いもしましたが、まずは結果としてありがたく受け取ります。

ただし、今日の演奏、およびそれに至る過程で、まだまだ歌に磨きをかけられる要素がたくさん残っているので、3月の福島市音楽堂での全国コンテストに向けて改善すべき点をしっかり克服していきます。

今日一緒にオンステしてくれたメンバー、今回は出られなかったけど普段から音楽づくりに協力してくれているメンバー、そして、我々メンバーを支えてくれているすべての方々にお礼申し上げます。