読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌いながら考える by 小春日

長年趣味で取り組んでいる「歌う」という行為、聴いた音楽のことなどを中心に書き留めています。

2017年2度目の本番ー広島市 安佐南区音楽祭へのゲスト出演

厳しい寒波と雪の中、広島まで歌いに行ってきました。

 

f:id:katopon-amicidelcanto:20170211223221j:plain

 

広島市 安佐南区民センターで開催された、安佐南区音楽祭に、Men's Vocal Ensemble "寺漢"がゲスト出演したのです。

この音楽祭へのゲスト出演は、記憶が確かではありませんが数年ぶりのこと。

今回は、先日、2年連続グランプリを頂いた、アンサンブル コンテスト in広島 での演奏曲や、その結果出場する、福島でのアンサンブルコンテスト全国大会での演奏予定曲も交えたプログラムで臨みました。

f:id:katopon-amicidelcanto:20170211224039j:plain

今回聴いて下さったお客様には、やはり外国曲はなじみが薄かったようで、日本語の曲になってから、ホッとした表情で聴いておられる姿が多数見られたのが印象的でした。

普段の選曲でも「えっ、こんな曲あるの?」と思われることが多い寺漢。

「聴いたことないし、よくわからないけど、なんかすごい演奏だった!」

まずは、そんな形で印象に残る演奏を続け、音楽的にも評価いただけるよう、これからも成長を続けていきます。

私個人としては、「持ち歌」になりつつあるDulamanのソロが、昨年のアンサンブルコンテスト in広島のときより歌いこなせたかな、と実感できたことが収穫でした。

今後も、いつでも歌えるようしっかり準備しておきます。

寺漢は、宝塚国際室内合唱コンクール出場に向けた録音セッションを経て、三月の福島に備えます。

9年前に別の団体で出場した、声楽アンサンブル全国大会。自分たちはベストの演奏ができるよう、そして、他団体の優秀な演奏から少しでも学びを得られるよう、しっかり準備していきます。